こんにちは
甘養亭です。

甘養亭では5つの味のみのぶまんじゅうを作ってます。
今日はその中でも一番人気の桜を紹介します。

身延山といえば桜!
というくらい久遠寺のしだれ桜は有名です。
数年前のnikkei plus1の記事で東日本で1位を獲得し、全国からこの桜を目当てにお客様がいらっしゃいます。

そんな久遠寺のしだれ桜をイメージして作ったみのぶまんじゅうが「みのぶまんじゅう さくら」
白あんに桜葉を混ぜ込んだ餡を
ほんのりと桜色にそまった生地で包んだ逸品です。

一口食べると桜の香りが鼻に抜け、まぶたを閉じると目の前に桜の景色が広がる

かはわかりませんが、是非一度ご賞味ください。

甘養亭 身延まんじゅう(みのぶまんじゅう)

山梨県身延町に位置する身延山久遠寺。 寛永三年より久遠寺のお膝元で和菓子を作り続けております。 一子相伝の技術によって作り出される和菓子の数々は日本はもとより海外からもお客さんを楽しませております。 甘養亭一七代目 池上久騎