みのぶまんじゅう

こんにちは
甘養亭です。

茶色い皮に「みのぶ」の焼印
中身はこしあん

これが十四代目の宗一が完成させたオーソドックスなみのぶまんじゅうですが、十六代目の宗久がみのぶまんじゅうにバリエーションを作りました。
・御草あん(ヨモギの皮につぶあん)
・桜子(桜色の皮に桜葉の入った白あん)
・ゆず子(ゆず色の皮に柚子あん)
・酒子(酒饅頭)
・炭子(皮に身延の特産である竹炭を混ぜ込んだ皮にこしあん)
・つぶあん

御草あんは十六代目お得意の親父ギャグです。

つぶあんは「身延 」というように漢字の焼印がおしてあります。

個人的には御草あんがお気に入りです。
一つ食べるとあとを引くので三つくらい食べてしまいます^^;

皆様もお気に入りのみのぶまんじゅうを見つけてみてください。



甘養亭 身延まんじゅう(みのぶまんじゅう)

山梨県身延町に位置する身延山久遠寺。 寛永三年より久遠寺のお膝元で和菓子を作り続けております。 一子相伝の技術によって作り出される和菓子の数々は日本はもとより海外からもお客さんを楽しませております。 甘養亭一七代目 池上久騎